ひな祭り♪お雛様を猫のイタズラから守る対策5つ

ひな祭り♪お雛様を猫のイタズラから守る対策5つ

3月3日はひな祭り。猫のいる家でお雛様を飾っても大丈夫なのでしょうか? 猫のイタズラが心配です。

調べてみるとお雛様のにおいが嫌で全く近づかない猫さんもいるようですが、お雛様にイタズラする猫さんもいるようです。

猫によってお雛様が被害にあっている写真を発見してしまいました。

やめて~っ! ↓

この状況で写真を撮っている飼い主さん、寛容ですね。

お雛様を猫のイタズラから守るための対策をお話していきます。

スポンサーリンク

お雛様を猫のイタズラから守る対策5つ

 

View this post on Instagram

 

chihaさん(@tae.chiha)がシェアした投稿


既にお雛様を持っている場合と、お雛様をこれから買う場合で対策は変わりますね。

ご紹介する対策は5つ。お役に立ちましたらうれしいです。

猫が立ち入らない部屋に飾る

 

View this post on Instagram

 

Mさん(@menaphoto)がシェアした投稿

お雛様を飾っている部屋に猫を入れなければ完璧です。

ただ猫を入れない部屋は、人もあまり利用しない部屋だったりしますよね。

猫のイタズラ対策としてはよいのですが、せっかくお雛様を飾っても眺められないのはなんだか寂しかったり。

猫が登れない高い場所に飾る

猫が登れないような、ジャンプできる足場がないような高い場所にお雛様を飾って対策する方法もあります。

持ち家なら、高い場所に棚を設置することもできます。

この対策で心配なのは、運動神経の良いジャンプ力のある猫は、高い場所に登れちゃう可能性があること。

高い場所にお雛様を飾るなら、愛猫さんの運動能力をみきわめてからにしましょう。

最近は、壁付けタイプの雛人形もあるみたいですよ。 ↓

猫のいる家でこれからお雛様を買うなら、こういう壁面に取り付けられるタイプを高い場所に飾る方法もありますね。

>>壁付けタイプの雛人形を楽天でみる

お雛様をケースに入れて飾る

傷つけられるよりこうしたい気持ち、わかります(笑)。 ↓

お雛様を守るために、人形用ガラスケースやアクリルケースをかぶせる対策もあります。

既にお雛様を持っているなら、この対策法はいいですね! 

人形用ガラスケースやアクリルケースを買うならお雛様が入るサイズか、猫が上に乗っても大丈夫な強度があるか確認しましょう。

好みのサイズで人形用アクリルケースが作れるお店もあります。ケースのみ別売りしてくれているのは、手持ちのお雛様がある場合にいいですね。

アクリルケースは強度も強いみたいで、こちらのお店は縦長タイプなどいくつか種類がありますよ。 ↓

ケース入りお雛様を買う

猫のいる家でこれからお雛様を買うなら、最初からケース入りお雛様にすると安心ですね。

Yahoo!知恵袋をみていたら、猫が上に乗ってケースのガラスが外れてしまった方もいるようです。

最初からガラスケース入りお雛様を買う場合は、猫が乗っても大丈夫な強度があるか気をつけて買いましょう。

ガラスケースだけでなく、アクリルケース入りのお雛様もありますので色々みてみるといいですね。

>>ケース入り雛人形を楽天でみる

タペストリーのお雛様を飾る

 

View this post on Instagram

 

aorunaさん(@sawa4325)がシェアした投稿

お雛様を出すのは諦めてタペストリーを飾る方もいらっしゃいました

既に持っているお雛様を傷つけたくないなら、この方法も対策としてはありかも知れません。

>>雛人形のタペストリーを楽天でみる

まとめ

お雛様を猫のイタズラから守る対策を5つご紹介しました。

お雛様を持っていてなにか対策するなら、別売りの人形用アクリルケースに入れて飾る対策がよさそうですね。

これからお雛様を買うなら、ガラスケースやアクリルケース入りタイプを検討するといいですね。

大人になった今はお雛様飾るのも面倒だな~と思ってしまいますが、子供の頃はお雛様を飾って眺めるのが好きでした。

親が選んで購入してくれたお雛様、今でもけっこう気に入っています。

だから女の子のいるご家庭では、猫がいてもお雛様飾ってあげてほしいです。

そして猫にイタズラされないようお雛様を守ってあげてくださいね。

スポンサーリンク