尾道市立美術館の黒猫ケンちゃん・茶トラごっちゃんヒストリーまとめ

尾道市立美術館の黒猫ケンちゃん・茶トラごっちゃんヒストリーまとめ

警備員さんとの攻防が度々話題になってきた尾道市立美術館の黒猫ケンちゃんと茶トラごっちゃん。

2018年11月のテレビニュースをきっかけに黒猫ケンちゃんと茶トラごっちゃんを知ったわたしですが、

それからというもの、尾道市立美術館のTwitterをたまにのぞいては、黒猫ケンちゃんと茶トラごっちゃんのようすに和んでいました。

つい最近も、尾道市立美術館さんのTwitterで黒猫ケンちゃんと茶トラごっちゃんをみていたら、なんと!茶トラごっちゃんが家猫になってた・・・。

にわかファンのわたしにもこれは衝撃的な出来事で、驚きと寂しさとうれしさがこみ上げてきて泣きました。

それから…。黒猫ケンちゃん、茶トラごっちゃんのこれまでの経緯が知りたくなったのです

そこで、尾道市立美術館のTwitterをさかのぼり、黒猫ケンちゃん、茶トラごっちゃんのヒストリーをまとめました

スポンサーリンク

黒猫ケンちゃんヒストリー

黒猫ケンちゃんは、尾道市立美術館の隣にあるレストランの飼い猫で、男の子。

黒猫ケンちゃんが尾道市立美術館のTwitterに初登場したのは2015年10月10日かな? 

黒猫ケンちゃんの左側の写真の猫さんは、キジトラのクウちゃんかも!?

黒猫ケンちゃんがなぜ尾道市立美術館へ訪問するようになったのか分かりませんが、美術館は居心地の良いお庭なのかな。

2016年3月頃には、黒猫ケンちゃん尾道市立美術館へ、ご挨拶がてらの訪問が定番となりつつあったようです。

2016年6月頃にはすでに館内への進入を試みていたかのようなツイートが。

この後も黒猫ケンちゃんはしょっちゅう入館を試みており、そのようすが頻繁にツイートされていました。

そして2017年2月16日のツイートが1400いいね以上となり話題になります。

さらに2017年3月22日、黒猫ケンちゃんはついに館内への侵入を試み、それを警備員さんが阻止するようすのツイートは、10万いいね以上になりました。

各種メディアにたくさん取り上げられるようになったのは、この2017年3月以降からでしょう。

10万いいねを達成したことで、警備員さんと黒猫ケンちゃんの攻防をモチーフにしたトートバッグも製作されました。

その後も侵入を試み続けるケンちゃん。玄関マットにしがみついてかわいい。

2018年11月には黒猫ケンちゃんと茶トラごっちゃんが揃って大きな注目を集めます。

私が黒猫ケンちゃんと茶トラごっちゃんを知ったのもこの頃。

「今日も来た来た」という表情の警備員さんの前で、黒猫ケンちゃんまさかのゴロン。新技作戦に出たのでした。

2018年11月頃は世界からも注目され始めた時期で、台湾、アルゼンチン、イギリス、イタリア、ドイツなどなど海外メディアにも多くとりあげられるように。

今でも、黒猫ケンちゃんの美術館への訪問と警備員さんとの攻防は続いています。

尾道市立美術館さん、いつもほのぼのする写真や動画をありがとうございます

茶トラごっちゃんヒストリー

茶トラごっちゃんは美術館近くに住む地域猫で、フルネームは「ごさく(呉作)」男の子です。

ゴッちゃんが尾道市立美術館のTwitterに初登場したのは、2015年10月20日かな?

初登場してから尾道市立美術館のTwitterに何度も登場している茶トラごっちゃん。

最初は黒猫ケンちゃんと茶トラごっちゃんはお互いに牽制しあっていたようです。

茶トラごっちゃんと黒猫ケンちゃんが一緒に写る写真は2016年7月のこれが初めて?

その後もごっちゃんは尾道市立美術館のTwitterに頻繁に登場し続けます。

尾道市立美術館内に展示されている薮内佐斗司先生の作品『猫も歩けば』の黒猫オブジェが気になって、猫が館内へ入ろうとするのでは?という人もいます。

茶トラごっちゃんが美術館の館内へ侵入を試みるようになったのは、黒猫ケンちゃんよりも遅い2018年10月のこと。

尾道市立美術館のTwitterを振返ってみると、警備員さんも含め美術館の方々が、黒猫ケンちゃんと茶トラごっちゃんをとても愛おしく見守ってきたようすが伝わってきました。

ちなみに黒猫ケンちゃんと茶トラごっちゃんと攻防を繰り広げている警備員さんは、特別展の時に出勤されているそうです。

スポンサーリンク

ごっちゃんと四季

尾道市立美術館Twitterの猫さんと四季折々の写真は、とても美しいです。

地域猫だった頃のごっちゃんと四季を振り返ってみましょう。

春。桜とごっちゃん。


↑この写真は、2018年3月17日~5月6日に開催されたミニミニロビー展覧会「Ken and Goー美術館を訪れた猫たち」で人気投票第2位でした。

梅雨の季節。

夏。


↑この写真は、2018年3月17日~5月6日に開催されたミニミニロビー展覧会「Ken and Goー美術館を訪れた猫たち」で人気投票第1位でした。

雨の日、お外は大変。

秋の紅葉。

冬。寝床を用意してもらっていたのかな?

そしてまた、春のおとずれ。

尾道市立美術館は、猫さんとともに四季を重ねてきたんですね。

茶トラごっちゃん家猫になるまで

茶トラごっちゃんは2019年5月18日に家猫になりました。その経緯を振返ってみます。

元々とっても人懐っこいごっちゃん。

こんなかわいいごっちゃんがこれからもずっとみられると思っていました。

いつか尾道市立美術館へ行けば会えると思っていたんです。

ごっちゃんが家猫になる日が近づいています。

地域猫生活も最終日。ゴッちゃんは、いつも居るはずのない場所で待っていてくれたそうです。

そして…。

よかった、もう雨に濡れないね。

茶トラごっちゃんは、かねてからごっちゃんの里親になりたいと申し出て下さっていた方で、猫を飼うことに慣れている方が飼い主さんになられたそうです。

人懐っこいごっちゃんは元々飼い猫だったかも知れません。こんなに人が好きなので昔の飼い主さんもごっちゃんを愛していたのでは?

たぶん手放さねばならない事情があって外猫に? それは罪なことでもあるのですが・・・本当は一緒にいたかったんじゃないのかなぁ。

たまたま、ごっちゃんを見守ってくれた尾道市立美術館の方々がいて、4年間お外で耐えたごっちゃんがいて、新しい飼い主さんにも出会えたごっちゃん。

色んな人たちの思い、ごっちゃんの背景を勝手に想像して泣けてきました・・・。

尾道市立美術館の方々と黒猫ケンちゃん・茶トラごっちゃんヒストリーを、フィクションも交えながら映画にしてほしいと思うのはわたしだけ?? ごっちゃんを軸に人を描いてほしいなぁ。

これからも茶トラごっちゃんの姿は尾道市立美術館のTwitterでみられるようです。

これからもごっちゃんがみられてうれしいです。飼い主さん、尾道市立美術館さん、ありがとうございます

最初はごっちゃんが家猫になって寂しかったのですが、家猫になって幸せそうなごっちゃんの写真をTwitterでみているうちに、本当によかったと思えました。

ごっちゃん幸せにね。

まとめ

尾道市立美術館の黒猫ケンちゃん、茶トラごっちゃんのヒストリーを振返ってみました。

尾道市立美術館の過去ツイートを大量に見返したために、右目にものもらいが・・・。ごっちゃんのヒストリーに泣いたせいかも。

尾道市立美術館の黒猫ケンちゃん、茶トラごっちゃんのにわかファンだったわたしですが、今はもう尾道市立美術館のTwitterを毎日チェックするファンです。

これからもTwitter楽しみにしています。そしていつか尾道と尾道市立美術館、千光寺公園を訪れてみたいなぁ。

わたしにとって尾道は、すごく行ってみたい場所になりました。

こちらの記事もよろしければどうぞ。↓

スポンサーリンク