2019バレンタイン猫モチーフのチョコレートとパッケージがいいね特集

2019バレンタイン猫モチーフのチョコレートとパッケージがいいね特集

もうすぐバレンタインですね。チョコレート買いました?

猫好きさんのために2019年バレンタインの猫モチーフのチョコレートをまとめました。

箱や缶などのパッケージにもかわいい猫が描かれて、さらにチョコレートも猫モチーフのブランドチョコを6つご紹介します。

猫を型どったチョコ、猫の舌や肉球をモチーフとしたチョコ、猫がプリントされたチョコレートなど色々ありますよ。

猫好きにはたまりません~。

自分へのご褒美に猫チョコレートを買うのもいいですね。

【ネット通販でチョコを購入する前に】
ネット通販でチョコを買うと送料かかかってどうしても高くなってしまいます。

ネット通販で販売している店舗の中には、転売で高く販売しているお店もあるので気をつけましょう

お近くにブランドチョコレートの実店舗がある方は、足を運んだほうが安いかも。定価と実店舗一覧へのリンクも載せましたのでご参考にして下さいね。

実店舗で買う場合は、お目当てのチョコレートが置いてあるか電話で確認して出かけたほうが確実です。

売り切れるのも早いようなので、急ぎましょう。

ゴンチャロフ アンジュジュ

価格:756円(税込)
個数:10個入り

1923年に神戸・北野町で創業した洋菓子メーカーのゴンチャロフ。

ゴンチャロフのアンジュジュシリーズは猫イラストがプリントされたチョコや、肉球モチーフのチョコ、猫の顔のチョコがかわいいです!

チョコを食べた後の缶もペンケースなどに使えそう。

ゴンチャロフアンジュジュシリーズの缶や箱に描かれた猫たちのイラストは、イラストレーターの宮崎一人さんが描いています。

ゴンチャロフのアンジュジュシリーズは全部で9種類あるので、プレゼント用、自分用、バラ撒き用と用途に合わせて選べますね。

お酒不使用チョコレートなのでお子さまにも。

ゴンチャロフ クッカ


ゴンチャロフ クッカ B 6個


ゴンチャロフ クッカ C 6個

価格:432円(税込)
個数:6個入り

ゴンチャロフのクッカシリーズからも、猫モチーフのチョコレートが販売されていますよ。

クッカは、フィンランド語で“お花”を意味しており、お花を選ぶように多彩なデザインから選べるブランドです。

手のひらサイズのちょっとしたチョコレートになっています。

クッカシリーズは猫以外のチョコもあり、「クッカB」「クッカC」が猫モチーフのチョコレートです。

お酒不使用チョコレートなのでお子さまにも。

ゴンチャロフの実店舗一覧はこちら

ビアンクール キャッツギャラリー

価格:540円(税込)
個数:8個入り

ビアンクールはゴンチャロフの新ブランドとして1984年秋に神戸にオープンしました。

ブランドマークはパリの町並みに似合う“仔猫”がモチーフになっています。

ビアンクールのキャッツギャラリーシリーズは、箱や缶などのパッケージに猫が描かれています。

チョコレートは猫モチーフだったり、個包装のイラストに猫が描かれたチョコなど色々あります。

キャッツギャラリーシリーズ独特な猫イラストのパッケージは、印象に残りますね。

洋酒不使用チョコレートなのでお子さまにも。

デメル ソリッドチョコ猫ラベル

価格:1,944円(税込)

ウィーンの菓子店デメルの「ソリッドチョコ猫ラベル」は、猫の舌の形をしたチョコレートで、パッケージにも猫が描かれています。

色んなメディアでよく目にするので、ご存知の方も多いのではないでしょうか?

ウィーン王宮御用達の菓子店に指定されたデメルは、ブランドマークにハプスブルク家の紋章があしらわれています。

猫の舌をモチーフとした「ソリッドチョコ猫ラベル」は、ミルク、スウィート、へーゼルナッツの3種類の味がありますよ。

デメルの実店舗一覧はこちら

メリー マ プティット ミネット

価格:864円(税込)
個数:8個入り

1950年に東京青山の洋菓子メーカーとして誕生したメリー。

メリーの「マ プティット ミネット」シリーズは、クラシカルな雰囲気漂うパッケージと猫モチーフのチョコレートです。

「マ プティット ミネット~Ma Petite Minette~」は「わたしのかわいい猫ちゃん」という意味だそうですよ。

メリーのマ プティット ミネットシリーズは全部で9種類あります。

メリーの実店舗一覧はこちら

モロゾフ ハーティー

価格:810円(税込)
個数:10個入り

いわずと知れたモロゾフ。1931年に神戸市のチョコレートショップからスタートした洋菓子メーカーです。

モロゾフのハーティーシリーズは、女の子の憧れの街パリを描いたイラストのパッケージに、猫の姿がそっと描かれています。

そんなハーティーシリーズの中で、「しっぽのあるパリジェンヌ」は猫缶と猫モチーフのチョコレートがかわいい!

色使いもキレイで、テンションあがります~。

洋酒不使用のチョコレートなのでお子様にも。

モロゾフの実店舗一覧はこちら

猫にチョコレートがダメな理由

わたしのように猫を飼うのが初めての方は、猫さんにもちょっとだけチョコをおすそわけしたくなるかも知れません。

でも猫にチョコを食べさせたら絶対ダメです。

猫はチョコを食べると死亡する危険があります

理由は、チョコレートの原料になるカカオ豆には、テオブロミンという物質が含まれていて、猫はテオブロミンを素早く分解できずに中毒を起こしてしまうからです。

テオブロミンには、脳や呼吸を興奮させる、利尿作用、心臓の活発化、平滑筋の弛緩といった作用があるのですが、

猫がチョコレートを食べるとテオブロミンをすばやく分解できないので、消化不良、脱水症状、過度の興奮、心拍数の低下などの症状があらわれ、中枢神経や心臓などにダメージを負い死んでしまうこともあります。

猫にチョコレートはあげないだけでなく、みていない時にチョコレートを舐めたり食べてしまわないように気をつけないといけませんね

猫にチョコをあげるなんて絶対にダメです。

まとめ

ご紹介したチョコレートブランドは、デメル、ゴンチャロフ、ビアンクール、メリー、モロゾフでした。

どれも猫モチーフでパッケージも猫仕様♪ かわいく特別感があっていいですね。

かわいい猫モチーフのお菓子が気になる方はこちら↓

猫さんにチョコを食べさせては絶対にダメだから、猫写真を撮って楽しむならこちら↓

スポンサーリンク